施行にかかる日数を短くするためのコツ

これで日数短縮?施工が長引かないリフォームとは?

リフォームがトレンドになる理由

施工が長引くといっても、そのリフォーム日数が適切であるのかを理解していないと意味がありません。 施工する場所や施工内容によっても大きく異なるので、リフォーム前に必ずチェックしておきましょう。これらはリフォームで失敗しない為のポイントともいえます。

なぜリフォームが長引くのか?

しっかりと担当者と打ち合わせをしたはずなのに、予定よりもかなりリフォームが長引いている。施工が遅れる理由をいくつかピックアップしています。 中にはある程度事前に回避する事が出来るものもあるので、最短で終わらせたい場合はリサーチしておきましょう。

リフォームを最短で終わらせる為のポイント

せっかくリフォーム施工をしてもらうのだから、出来るだけ早く終わらせたい。施工スケジュールや実際の状態を見て判断するのは業者の仕事ですが、少しでも早く終わらせる様に工夫してみましょう。 そのポイントと注意点を公開しているので、リフォーム検討の方は必読です。

施工別リフォームの日数目安

今では考えにくいかも知れませんが、ほんの40年ほど前まで住宅はリフォームではなく建て替えや住み替えが一般的でした。当時が土地は買えば買うほど儲かると考えられていて、土地を手放す事無く住宅を変える=建て替えをする方が多くいました。住んでいる場所を変えたいのであれば土地ごと売却して、新天地に住む為の足しにしていました。

しかし近年では建て替えをする方はほとんどなく、リフォームがメインになりつつあります。特に2000年代後半からは中古住宅を購入し、その上でリフォームを行って住むのがスタンダードです。その背景には住宅ローンの支払が滞るリスクを少しでも減らし、計画的に返済していきたいと考える方が増えました。

中古住宅は物件数が多く、且つ人気エリアにも数多くあるので条件にあった住宅が見つけやすいのも人気の秘訣です。少子高齢者が進行してからは空き家が増えていて政府がリフォームを推奨している為、リフォームがトレンドになっているというのも理由の一つでしょう。リフォーム技術は年々進化していて、新築とまでは行かずとも経年劣化を感じさせません。古民家やレトロな住宅を格安で購入し、大規模なリフォームやリノベーションをして自分好みにカスタムする方も少なくありません。

これらの理由が複雑に絡み合い、建て替えよりもリフォームが浸透したのです。これからリフォームを検討している方に知って情報を公開しているので、参考にしてみて下さい。