これで日数短縮?施工が長引かないリフォームとは?

>

なぜリフォームが長引くのか?

注文やタイミングに着目

自分が思っていた期日よりもはるかに長引いてしまい、予定が狂ってしまった。そうならないためには、なぜリフォームが長引くのかを理解しなければなりません。

よくある原因の一つがこちらの意見や条件に従っている内に遅くなってしまったものです。希望の材質や施工技術は全てのリフォーム企業が持っているものではなく、場合によっては取り寄せや確認が必要です。それに時間がかかってしまうのは、施工会社の責任ではなく注文者の責任となります。

当然ですがリフォーム希望が殺到している場合も予定よりも長引く原因となるので注意して下さい。リフォームの繁忙期は11~3月と言われているので、この時期を合えて避けるのも良いでしょう。閑散期だと金額的なサービスをしてくれるのも嬉しいポイントです。

マンションリフォームは長引く?

リフォームの期日や長引く話題になると「マンションのリフォームは長引きやすい」「戸建ての様にスピーディにいかない。」という意見が出ます。確かにマンションは戸建てと違って集合住宅なので管理規約に則って施工をしなければなりません。規約に問題が無い場合は申請許可を取る必要があり、受理までに2~3週間かかります。

エレベーターの大きさによっては資材搬入が困難なケース。隣人とトラブルになった場合は更に時間がかかります。隣人とのトラブルに関しては事前に挨拶をしておく必要があるので、リフォームが決まった時点でアクションを起こさなければなりません。

これらに注意すればマンションでのリフォームも可能ですし、最短で終わらせる事も出来ます。