これで日数短縮?施工が長引かないリフォームとは?

>

リフォームを最短で終わらせる為のポイント

材料や設備を決めておく

出来る限り早めにリフォームをしてほしいのであれば、企業に頼るだけでは無く自らリサーチを行うべきです。リフォームに使う資材や材料に関してネットで調べればある程度の特徴が分かります。その上でどんな資材・材料を使うのか。設備に関しては出来るだけ具体的な例を挙げて打ち合わせをしましょう。

業者に伝わりやすいのはもちろんですし、出来上がりもイメージ通りに仕上がりやすいです。GW・シルバーウィーク・お正月・お盆などは業者もお休みなので、これらの時期を外して一気に施工をしてもらうのも、最短でリフォームを行うコツです。

リフォーム業者と密になって連絡を取り合い、状況確認をするのもリフォームを早く終わられる方法です。

仮住まいで生活してみよう

数日で終わる施工であればさほど気にする事はありませんが、リフォームの規模が大きくなる場合はその箇所を片付けておかなければなりません。

生活家具があれば別の部屋へ移動する。または邪魔にならない様に片付けておきます。業者がうまく動線を確保しながらリフォームをする事で、作業効率がアップし最短で施工を終えられます。

フルリフォームになる場合は仮住まいを探すのが良いでしょう。リフォームしている住宅に住み続けるのはリフォーム箇所が使えないとストレスが溜まりますし、職人も効率的に動けない事からどちらにもデメリットしかありません。仮住まいはホテル・引越しどちらでも構いませんが、ある程度余裕を持って契約しておくとトラブルになりにくいです。